メイン画像1

メイン画像2

メイン画像3

正規修理店の短所

アイフォン修理を依頼する場合には購入した店に行く方もいますが、通常は正規の修理店に持参するように言われます。 この場合にはどういったデメリットがあるのでしょうか。 最も大きなデメリットは修理代が割高だという点です。 またどこの修理店でも修理代は一律になっており、非常に高く感じてしまいます。 ちょっとした修理でも高く感じるので、この点は格安店や自分でパーツを購入する形式に比べると差が大きいと言えます。

正規の修理店で修理を依頼する場合のもう1つのデメリットは混雑していることがあり、その場合には待たなければなりません。 場合によっては数時間待ちというケースも見られます。 時間がない方にとっては非常に効率が悪く、時間を無駄に過ごさなければなりません。 こういったデメリットがあるので、正規の修理店を積極的に選ぶよりも他の方法を採用した方がいいと言えます。

しかし正規の修理店ではパーツの品質は当然確かなものですし、また修理も確実に行ってくれます。 ですからその点で満足したい場合には正規の修理店を選択するといいでしょう。 それぞれのケースのメリットとデメリットを理解してから自分に合ったタイプを選んでいくことが必要になります。